VOL.0 2018/10/01

酒造好適米の稲刈り

前日に降った雨はすっきりと晴れ、汗ばむ陽気となった9/29(土)。

5月に植えた澤口さんの田んぼでは、酒造好適米の「彗星」がお米を実らせ、綺麗な黄金色が一面に広がっていました。


田んぼには実行委員の皆様と札幌新陽高校の生徒さん、小樽田中酒造さんなど総勢約30名ほどが集まり、鎌を片手に稲刈りを行いました。

次の仕込み作業は、年末から年明けにかけて行われる予定で、今回はお酒の仕込み水に使う観音滝の水も検査用に採取されていました。
着々と作業が進み、古平町の地酒誕生が待ち遠しいです。

TOP